top of page

医療ガス

代表的な医療ガスを掲載しております。

その他の各種ガスもお取り扱いしておりますので、お気軽にご相談ください。

無題のプレゼンテーション.png

酸素(O2)

【使用用途】

酸素吸引 等

【供給方法】

CE、LGC、シリンダー(7㎥容器、1.5㎥容器、1.4㎥容器、0.5m3容器、0.3m3容器、0.2m3容器)

【特徴】

 無色、無味、無臭のガスで、大気中に約20.9%含まれます。酸素自体は支燃性ガスのため燃焼はしないものの、酸素濃度・分圧が高まるにつれて燃焼速度の増加、発火温度の低下、火炎温度の上昇をもたらし、爆発の危険性が増大します。また、高濃度の酸素を長時間吸入すると酸素中毒に陥る可能性があります。そのため、酸素は不足しても過剰でも注意を要します。

日本薬局方酸素

【効果・効能】

・酸素欠乏による諸症状の改善

・日本薬局方窒素と混合し、合成空気として使用する

【用法・容量】

・医師の指示による

製造販売承認を受けた一般的名称液体酸素

【効果・効能】

・気化設備を用いて気化し、日本薬局方酸素として使用

・酸素欠乏による諸症状の改善

【用法・容量】

・気化設備を用いて気化し、日本薬局方酸素として使用する

無題のプレゼンテーション.png

窒素(N2)

【使用用途】

酸化防止、イボ治療 等

【供給方法】

CE、LGC、デュワー瓶

【特徴】

 無色、無味、無臭のガスで、大気中に約78%と最も多く含まれています。極めて不活性なガスではあるものの、高温・高圧では化学的に活発になることが知られています。また、語源であるStickstoff(窒息するもの)が示す通り、閉塞空間にて大量に充満すると酸素欠乏により窒息死に繋がる危険があります。窒素デュワー瓶内窒素の自然気化による酸欠死も現に日本で発生しており、安全な作業手順に基づいた管理が必要です。

日本薬局方窒素

【効果・効能】

・日本薬局方酸素と混合し、合成空気として使用

・注射剤等の製造に際し、参加防止のための不活性ガスとして使用

【用法・容量】

・合成空気の使用等は、医師の指示による

・注射剤等の製造方法による

製造販売承認を受けた一般的名称液体窒素

【効果・効能】

・気化設備を用いて気化し、日本薬局方窒素として使用

・注射剤の製造に際して、参加防止のための不活性ガスとして使用

【用法・容量】

・気化設備を用いて気化し、日本薬局方窒素として使用する

無題のプレゼンテーション.png

炭酸ガス(CO2)

【使用用途】

腹腔鏡下外科手術 等

【供給方法】

シリンダー(2.2㎏)

【特徴】

 空気中には凡そ350ppm程度存在するものの、空気中の存在量は非常に少ないため、主に石油精製所のオフガス(副産ガス)として製造されます。近年は石油精製所の統廃合が進んでいるため、市場への供給量が徐々に減少しているガスの一つです。炭酸ガス自体に毒性はないものの、密閉された部屋などで大量に漏えいすると、空気中の酸素を追い出し酸素欠乏症に陥る危険性があります。

日本薬局方二酸化炭素

【効果・効能】

・酸素吸入時の呼吸中枢の刺激

・高山病における呼吸困難、麻酔時における覚醒と手術後の肺拡張不全の予防

・一酸化炭素、モルヒネ、シアン化合物などの中毒時における呼吸中枢の興奮性低下

・炭酸水の水浴による脈拍及び拡張期血圧の減少、静脈血の心臓韓流の改善と拍出量の増加、皮膚の充血、呼吸量の増加

・ドライアイスでの狼瘡、色素斑などの皮膚疾患の腐食剤としての使用

・腹腔鏡下外科手術に必要な腸管の拡張

【用法・容量】

・酸素吸入に併用する場合は、通常純酸素に対して数%本品を混ぜる

ボンベ 参考図.png

亜酸化窒素(N2O)

【使用用途】

麻酔薬 等

【供給方法】

シリンダー(30㎏、7.5kg、2.5kg)

【特徴】

 18世紀に麻酔作用が確認されて以来、現在も麻酔薬として使用されています。少量の場合、顔面筋肉に軽い痙攣を引き起こして笑うような顔になるため、笑気ガスとも呼ばれています。通常は全身麻酔用として使用され、麻酔薬としては導入も覚醒も早いものの、麻酔作用は弱いという特徴を持っています。化学的な特性としては強い支燃性を持っており、水素やアンモニアとの混合は爆発を起こす危険性があるため注意が必要です。

日本薬局方亜酸化窒素

【効果・効能】

・全身麻酔

・鎮痛

【用法・容量】

・本剤は酸素と併用し、酸素の吸気中濃度は必ず20%以上に保

​・使用目的、患者の状態に応じ、適宜酸素濃度を増加させる

bottom of page